口コミしないでダウンを増やす、インターネット利用の成功法とは!

ネットワークビジネス失敗をする人は、ある意味失敗すべくして失敗をしています。

おかしな事を言うなと思われる方もいるでしょうね、しかし失敗する方というのは、失敗する要素、原因が何かという事をわからず、ネットワークビジネスで失敗する原因を自分で作ってしまっている場合も少なくないのです。

ならば、失敗する要素を排除すれば成功するしか無くなりますよね。
副収入が欲しいという思いで、ネットワークビジネスに取り組む人が数多くいますが、始めた時点で失敗が決定してしまっている人がいます!

その特徴は大きく分けて二つ
1.他力本願な人
2.行動する前に諦める人

他力本願タイプの方の多くは、自分自身が他力本願だと思っていないことが多いようです。

他力本願タイプの方の特徴は、ネットワークビジネスに参加したら、自分から進んで動き、わからないことを聞くのではなく、アップから指示があるまで、いつまででも待っているというタイプの方が多いです。

電車に乗れば、あとは自動的に目的地に連れて行ってもらえるという、お客様タイプのような方ですね。

 

ネットワークビジネスは、自家用車で目的地に向かうようなものですから、上手な運転の仕方や、経済的な走り方など、色々なアドバイスをもらう事は出来ますが、運転するのは自分自身です!エンジンもかけずにずっと待っていても、誰も代わりに運転はしてくれません。

それなのにじっと待っているだけで、「私はどうして稼げないのだろう?」と思い悩んでいても、何の成果も出ずに、ネットワークビジネス失敗者の道を一直線です。

 

次に2番のタイプですが、自分がやった経験の無い事、なんとなく難しそうなことに直面すると、挑戦する前に「私には無理だ」と諦める人です。

勉強でもスポーツでも、仕事でも、上手な人と下手な人の差こそあれ、やってみれば大方の事は出来るようになるものです。

すべては出来るか出来ないかでは無く、やるか、やらないかという選択肢なのです。

やってみてうまく行かないことでも、何度かやっているうちに慣れてきて出来るようになりますよね。でも失敗が確定している人は、行動を起こす前に必ずと言ってよいほど口をそろえて言う言葉があります、それは「私には難しいです、出来ません」という言葉です。

 

誰だってやったことの無い事に取り組めば、必ず初めからうまく出来るとは限りません、しかし行動を起こせば、必ず前進は出来ますから、目的地には近づくことが出来ます。

でも行動を起こさず「私には出来ない」と決めてしまえば、全く進むことは有りませんので、こういうタイプの方もネットワークビジネス失敗者の道をまっしぐらです。

ビジネスに取り組む初めの意識で、すでに失敗しているのはもったいないですよね、初めの意識をしっかりと持てば、ネットワークビジネスで成功できる可能性は飛躍的に上がります。

口コミしないでダウンを増やす、インターネット利用の成功法とは!